ニュース
» 2018年04月26日 16時03分 公開

大幅減益に:「ニコ動」不振響く カドカワ、業績予想を下方修正

カドカワが18年3月期通期の連結業績予想を下方修正。

[ITmedia]

 カドカワは4月26日、2018年3月期通期の連結業績予想を下方修正し、営業利益が従来予想から27億円減の31億円にとどまる見通しだと発表した。前期実績(84億円)から6割超の大幅減益となる。「ニコニコ動画」の有料会員数が当初見込みから減少していることなどが響く。

photo 「niconico」のトップページ

 売上高の見通しは前回予想から53億円減の2067億円に修正。ポータル事業で、ニコ動の有料会員数が17年12月末で214万人と、17年3月末から29万人減った上、10月に投入予定だったスマートフォン向け新サービスが遅れている。

 映像事業も「空海」「ナミヤ雑貨店の奇蹟」が好調だったものの、それ以外の実写映画がおおむね計画を下回った。

photo ニコニコ動画有料会員数の推移

 最終利益も前回予想から25億円減の15億円にとどまる見通し。前期(57億円)から72%減となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -