ニュース
» 2018年05月01日 15時48分 公開

シェア40%獲得目指す:JTの加熱式たばこ「プルーム・テック」、6月から全国販売へ

JTが、加熱式たばこ「Ploom TECH(プルーム・テック)」の全国販売を6月4日から始める。当初はたばこ店で取り扱い、7月2日からコンビニなどでも販売する計画。2020年末までに日本の加熱式たばこ市場でのシェア40%獲得を目指すという。

[ITmedia]

 日本たばこ産業(JT)は5月1日、加熱式たばこ「Ploom TECH(プルーム・テック)」の全国販売を6月4日から始めると発表した。当初はたばこ店で取り扱い、7月2日からコンビニなどにも拡大する。これまで東京都や北海道など10都道府県でのみ販売していたが、製造設備の稼働が安定し、供給能力が一定の水準に達したため、全国販売に踏み切る。

photo JTの加熱式たばこ「Ploom TECH(プルーム・テック)」

 全国販売するのは、プルーム・テック本体にUSBチャージャー、ACアダプター、キャリーケースが付属した「プルーム・テック・スターターキット」(税込4000円)のほか、専用たばこカプセル「メビウス・フォー・プルーム・テック」のレギュラー、メンソール、アロマなど5銘柄(各税込460円)。

 全国販売により、2020年末までに日本の加熱式たばこ市場でのシェア40%獲得を目指す。

photo 全国販売する商品ラインアップ

 日本の加熱式たばこ市場では、16年4月に米Philip Morris International(PMI)の「IQOS(アイコス)」が他社に先駆けて全国販売を開始。次いで英British American Tobaccoが17年10月に加熱式たばこ「glo(グロー)」の全国販売を始めている。

 プルーム・テックは、16年3月に福岡県の一部店舗限定で発売。その後、都内などに販売エリアを拡大した。18年4月時点で、累計販売数は200万台。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -