ニュース
» 2018年05月02日 13時26分 公開

24時間利用可能:セブン‐イレブン、ATMとレジで送金受け取り可能に 国内初、口座介さず

企業の個人宛て送金をセブン‐イレブンのレジとセブン銀行のATMで受け取れるサービスが始まる。銀行口座を介さずに取引できるのが特徴。

[ITmedia]

 セブン‐イレブン・ジャパン、セブン銀行、セブン・ペイメントサービスは5月2日、企業の個人宛て送金をセブン‐イレブンのレジとセブン銀行のATMで受け取れるサービスを7日に始めると発表した。銀行口座を介さずに取引できる国内初のサービスで、返品に伴う払い戻しや報酬の支払いといった用途を見込む。

 全国のセブン‐イレブン約2万店舗と約2万4000台のATMで24時間利用できる。1回当たりの受け取り上限額は10万円。

photo セブン‐イレブン・ジャパンの公式Webサイト

 シェアリングエコノミーやインターネット通販(EC)の普及によって企業・個人間の送金が増えた影響で、「時間や場所を問わず現金を受け渡したい」とのニーズが高まったことを踏まえた。

 受け取りたい個人がセブン銀行のATMに確認番号などを入力すると認証され、紙幣はATMで、硬貨はレジで受け取れる。硬貨は電子マネー「nanaco」へのチャージなども可能だ。

photo サービス利用の流れ

 当初はセブン&アイ・ホールディングス傘下のイトーヨーカ堂やセブンネットショッピングのほか、建設現場と職人のマッチングサービスを運営する助太刀、アパレルのレンタルサービスを提供するエアークローゼットなど15社と連携。払い戻しや工事代金の受け取りなどの用途に対応する。

 6月以降は、アフラック生命保険や三井住友海上火災保険など7社とも連携する予定。返金された保険料の受け取りも可能となる。

photo 主な契約企業

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -