ニュース
» 2018年05月14日 16時40分 公開

「本物のフィギュアが欲しい」海外のオタクの声受け:オタクグッズ、海を越えて「おつかい」します (1/2)

海外のオタクがほしいアニメやゲームのグッズをリクエストし、日本のユーザーが買ってきて取引するサイトが登場した。日本のオタクグッズは海外で買えず偽物も流通していることが背景にある。

[服部良祐,ITmedia]

 秋葉原がすっかり“訪日客の街”となり、コミックマーケットに外国人が普通に参加するようになった今。オタク文化は海外で勝負できるコンテンツの代表だ。国や大企業は「クールジャパン」の売り込みに余念がない。しかし、意外と盲点なのが「グッズ展開」。フィギュアなどは日本でしか流通していないものが多く、海外では偽物まで出回るほど。遠い外国には簡単に行けないが、好きなキャラのグッズをどうしても手に入れたいという「オタク」の心情は、日本も海外も変わらない。そこで、海外のユーザーがリクエストした「オタクグッズ」を、日本のユーザーが買ってきて取引するサービスに大阪のIT企業が取り組んでいる。

photo 海外のオタクのリクエストを受け日本人が「おつかい」

グッズをほしい外国人と買える日本人をつなぐ

 このサービス「Otsukai」を作ったのはDONIKA(大阪市)。4月にβ版をスタートさせ、今夏にも本格リリースを予定している。海外在住のユーザーが、欲しいオタクグッズの写真や名前、出せる金額などの情報を英語でサイトに登録する。リクエストを見て「これは既に持っている」「あそこの店でなら買える」などとピンときた日本のユーザーが、金額などの条件を提案。双方で条件が一致すれば取引が成立するという流れだ。日本のユーザーは、提案時に既に手元に商品があってもなくても問題なく、取引が決まってから買いに行ってもよい。海外ユーザーが商品を実際に受け取った後に料金が支払われる。サイト側は手数料をもらう仕組み。郵送料をどちらが負担するかもユーザーがリクエスト時に選べる。

 現在、リクエストのかかるアイテムはフィギュアや服など多種多様。中には、「〇〇というアニメのTシャツがほしい」などと非常にアバウトなリクエストもある。外国人ユーザーの登録は約1カ月で3000人を突破。試験運用中のため購入する日本のユーザー側は、社員の知り合いなどに限定して数十人で回している。リクエストが非常に多く人手が足りない状況という。年内に海外ユーザー10万人を目指す。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -