ニュース
» 2018年05月14日 18時38分 公開

デジタルウォレットなど提供予定:クラウドワークスとMUFG子会社、フィンテック推進に向けた新会社を今年中に設立

クラウドソーシングサービスを運営するクラウドワークスは5月14日、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)のフィンテック子会社「Japan Digital Design(JDD)」と共同出資し、フィンテック推進に向けた新会社「クラウドマネー」を年内に設立すると発表した。

[中澤彩奈,ITmedia]

 クラウドソーシングサービスを運営するクラウドワークスは5月14日、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)のフィンテック子会社「Japan Digital Design(JDD)」と共同出資し、フィンテック推進に向けた新会社「クラウドマネー」を年内に設立すると発表した。

phot クラウドワークスによる発表

 働き方の多様化に即した金融サービスを提供するため、同社のフリーランスや個人事業主などのユーザー基盤とJDDのフィンテックの知見、MUFGの金融インフラサービスの連携を強化する。

 同社サービスを利用するフリーランスの報酬の管理などを簡単に行えるデジタル・ウォレットアプリケーション提供などから着手し、銀行口座との連動、独自の決済プラットフォームの構築など順次サービスを展開していく計画だ。

phot クラウドワークスの公式Webサイト

 新会社「クラウドマネー」の資本金は2億円で、出資比率はクラウドワークスが66%、JDDが34%。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集