ニュース
» 2018年05月15日 18時31分 公開

提携強化:キタムラ、「TSUTAYA」のCCCが買収 上場廃止へ

キタムラは、「TSUTAYA」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が実施する株式公開買い付け(TOB)に賛同すると発表した。

[ITmedia]

 キタムラは5月15日、「TSUTAYA」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が実施する株式公開買い付け(TOB)に賛同すると発表した。CCCは子会社を通じてキタムラの全株式を取得する予定で、キタムラは上場廃止(東証2部)になる見通し。

photo キタムラのWebサイトより

 CCCはキタムラ株式の約30%を保有する筆頭株主。キタムラが事業領域とするデジタルカメラ、スマートフォン、写真プリントはそれぞれ縮小しており、今後も厳しい事業環境が続く見通し。資本・経営の一体化で提携を強化し、新たな収益源の開発などを進める。

 TOBはCCCの100%子会社「CKホールディングス」を通じて5月16日から6月26日まで行い、1株当たり1230円で買い付ける(15日終値は1026円)。買収総額は最大180億円。

 今後はCCCがTUSTAYA運営などで培った店舗開発ノウハウなどを活用し、新しいビジネスモデルの開発や、リアル店舗に加えネットも活用する「オムニチャネル化」を目指す。CCCの顧客基盤へのアプローチも可能になり、収益向上も見込めるとしている。

 ビジネスモデルの転換に当たり、短期的に収益が悪化するリスクがあるため、CCCの完全子会社になることで非上場化し、抜本的な改革を進めるとしている。

 キタムラの2018年3月期連結決算は、売上高が前期比10.2%減の1268億円にとどまった。最終損益は17億円の黒字と、19億円の赤字だった前期から黒字に転換した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -