ビジたね
Special
» 2018年05月17日 10時00分 公開

会議の質が変わる! ポリコムのスピーカーフォンで遠隔会議の“イライラ”を解消

[PR/ITmedia]
PR

 いま、ここにいない相手と会議をする。通信技術の発達やテレワークの広がりによって、そんな光景がよく見られるようになった。今後、離れた場所から会議に参加することも増えていくだろう。

 一方で、このような会議にはストレスも付きまとう。通信環境が安定していなかったり、お互いの声が聞き取りにくかったりすると、会議が中断し、スムーズに進まない。そんな悩みに対応してくれるツールがある。ポリコムの「Polycom VoxBox スピーカーフォン」(以下、VoxBox)だ。

photo ポリコム「Polycom VoxBox スピーカーフォン」の活用イメージ。製品には4つのマイクとスピーカーが内蔵。コンパクトで持ち運びしやすい

 VoxBoxは、小規模な会議スペースや個室で行われるグループ会話を想定して設計されている。参加者全員の声をはっきりと聞き取れることが大きな特長だ。4つの内蔵マイクの集音範囲は全方位に約3メートル。これは一般的な個人用スピーカーフォンの2倍以上の範囲だ。参加者が会議テーブルの端に座ったり、室内を移動してホワイドボードを使用しながら発言したりする場合でも、聞き手ははっきりと声を聞き取ることができる。

 機器の接続も簡単。ソフトウェアドライバーは不要で、Bluetoothによる無線接続やUSB接続で利用できる。

 また、長さ11センチ、幅11センチ、高さ2.5センチとコンパクトで持ち運びしやすいこともポイント。出張やテレワークなど、移動が多いビジネスパーソンにぴったりだ。会話が途切れるとマイクが自動的に切れて、背景の雑音を除去するため、どこから会議に参加していても自然な会話を維持できる。在宅勤務やテレワークの場合、ヘッドセットを長時間使用して疲れる、ということもない。会議だけでなく、業務全体の生産性向上につながりそうだ。

ITmedia ビジネスオンライン編集部の「ここがポイント」

 働き方が多様になっている今、遠隔会議をうまく活用する重要性が高まっています。しかし、機器の接続が煩わしかったり、相手とうまくコミュニケーションが取れなかったりすると、かえって手間がかかってしまいます。手軽に使えて、快適な会話ができるスピーカーフォンが必須ツールの1つになっていくでしょう。

Amazonギフト券があたる! アンケート実施中

ITmedia ビジネスオンラインでは、ポリコムジャパン株式会社と共同で「ビジネスコミュニケーション」に関するアンケートを実施中です。

アンケートにお答え頂いた方から、抽選で3名様にAmazonギフト券5,000円分を差し上げます。詳細はこちらから

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:ポリコムジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia ビジネスオンライン編集部/掲載内容有効期限:2018年5月30日

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -