ニュース
» 2018年05月25日 16時13分 公開

「LINEマンガ」分社化 事業スピード加速

LINEは電子コミックサービス「LINEマンガ」事業を分社化する。

[ITmedia]

 LINEは5月25日、電子コミックサービス「LINEマンガ」と、作品を書籍化する「LINEコミックス」の両事業を分社化し、100%出資の新会社を7月2日に設立すると発表した。独立会社化することで事業スピードを加速、国内外でサービス拡大を図る。

photo LINEマンガのWebサイト(PC版)

 新会社は「LINE Digital Frontier」で、資本金は1億円の予定。社長はLINEの出澤剛社長が兼任する。分社化する部門の2017年12月期売上高は約17億7800万円だった。

 LINEマンガはスマートフォン上で漫画やライトノベルを配信するサービスで、人気オリジナルコンテンツのコミックス化にも進出している。スマートフォンアプリのダウンロード数は1900万を超えているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -