ニュース
» 2018年06月13日 17時38分 公開

アプリも不要:JTBグループら、訪日外国人向け「電子スタンプ決済」の実証実験を8月から開始

金融・決済事業を手掛けるJTBビジネスイノベーターズは6月13日、フィンテック企業のアイ・ティ・リアライズ(東京都渋谷区)と協業で訪日外国人向けスマートフォン決済サービス「Japan Travel Pay」の実証実験を8〜10月にかけて実施すると発表した。

[中澤彩奈,ITmedia]

 金融・決済事業を手掛けるJTBビジネスイノベーターズは6月13日、フィンテック企業のアイ・ティ・リアライズ(東京都渋谷区)と協業で訪日外国人向けスマートフォン決済サービス「Japan Travel Pay」の実証実験を8〜10月にかけて実施すると発表した。本稼働は年内を目指す。

 同プロジェクトでは、アイ・ティ・リアライズが開発したモバイルペイメントパッケージ「スタンペイ(STAMPAY)」を採用する。

photo 「Japan Travel Pay」画面イメージ

 スマートフォンにアプリを導入する必要がなく、スマートフォン標準ブラウザからSNSアカウントでサービスへの登録・利用が可能。クレジットカード情報を登録後、スマートフォンでQRコードを読み込み、スタンプのような専用端末「電子スタンプ」をスマートフォンにかざし、スタンプを受け取ることで支払いが完了する。

photo 「Japan Travel Pay」サービスイメージ

 対応するクレジットカードブランドはVISAとMasterの2種類で、海外で発行されたカードに限る。対応言語は中国語(繁体字)、英語、韓国語、日本語の4カ国語。実証実験地域は観光客が多くキャッシュレスニーズの高いエリアの中から選定中だ。

 同サービスではクレジットカード端末やタブレット端末と比べて導入コストが抑えられるといい、手数料がネックでキャッシュレス化に対応できていない小規模店舗での導入を促進したい構え。

 日本では中国人向けの決済サービス対応が進んでいる一方で、その他の国からの訪日旅行者への対応は遅れているという。アイ・ティ・リアライズの広報担当者は、「まずは訪日旅行者数が多く、比較的キャッシュレス化が進んでいる台湾、香港、韓国からの旅行者をメインターゲットとして検証を進めていく」と意気込んだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -