ニュース
» 2018年06月29日 11時45分 公開

平年より22日早い:関東甲信が早くも梅雨明け 6月中は初 景気にプラス?

気象庁によると、関東甲信地方が6月29日に梅雨明けしたとみられる

[ITmedia]

 気象庁は6月29日、関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表した。6月の梅雨明けは統計を始めて以来初。

photo 初の6月中の梅雨明けとなった29日、都内では夏らしい青空=千代田区

 沖縄(23日ごろ)、奄美(26日ごろ)に続き、九州などを飛び越しての梅雨明けとなった。昨年に比べ7日早く、平年(7月21日ごろ)に比べると22日早い。梅雨入り(6日ごろ)は平年比で2日ほど、昨年比で15日ほど早かった。

 29日は太平洋の高気圧が日本を多い、大陸に低気圧がある「南高北低」の夏型の気圧配置になった。

photo 沖縄・奄美に続き関東甲信が梅雨明け=気象庁のWebサイトより

 過去の猛暑ではビールやエアコンなどの販売が伸びるなど、消費にプラスに働く傾向があるが、一方、7月は猛暑だったものの8月には長雨と冷夏に泣かされた年もある。今年の早い梅雨明けは景気にどんな影響をもたらすのか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -