ニュース
» 2018年06月29日 18時00分 公開

七夕までの3日間限定:ローソン、ついに“1000円超え”スイーツ発売 ゴディバとコラボ

ローソンが七夕向けに2個入りで1080円するスイーツをゴディバと開発、販売する。クリスマス用の予約ケーキなどを除くとローソンで最も高額なスイーツに。

[服部良祐,ITmedia]

 ローソンは7月5日、ベルギーの高級チョコブランド「GODIVA(ゴディバ)」と組んで開発した七夕向けのスイーツ「ウチカフェ×ゴディバ エトワールドゥショコラ」を発売する。7日までの3日間限定。

photo 1080円するローソンの七夕向けスイーツ

 価格は2個入りで税込1080円。クリスマスや正月用などで予約販売する大型ケーキを除き、同社でこれまで販売したスイーツの中では最も高額。初めての1000円台となる。20万個程度の売り上げを目指す。

表面に金粉をあしらう

 専用ケースの中に抹茶とラズベリーの2種類の味を入れた。いずれも寒天やビスケットなどを3層に重ねた。上には星空や天の川をイメージした金粉をあしらい、ゴディバのロゴ入りチョコレートも載せている。七夕を意識した短冊のほか、ゴディバのロゴが入った紙袋も付けて高級感を演出した。

photo ローソンの竹増貞信社長(左)。記者発表会では七夕を意識して和装姿に

 6月29日に都内で開かれた記者発表会でローソンの竹増貞信社長は「ゴディバと日本の歳時を盛り上げたらどんな化学変化が起きるかなと考えた」と説明。高額な価格設定の理由について聞かれると「1000円ありきで価格を決めた訳ではない」と回答。あくまでスイーツの品質にこだわったと話した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -