ニュース
» 2018年07月13日 10時08分 公開

「引き続き日本事業に従事」:米ウォルマート「西友売却の協議行わず」、日本事業の継続表明

米Walmartは、傘下の西友を売却する決定はしていないとし、日本事業に引き続き従事する方針を明らかにした。

[ロイター]
photo 7月12日、米ウォルマートは、傘下の西友を売却する決定はしていないとし、日本事業に引き続き従事する方針を明らかにした。写真は都内で撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[12日 ロイター] - 米ウォルマートは12日、傘下の西友を売却する決定はしていないとし、日本事業に引き続き従事する方針を明らかにした。

日経新聞電子版は、ウォルマートが西友を売却する方針を固め、複数の流通大手や投資ファンドなどに売却の打診を始めたと報じていた。

ウォルマートの広報担当者はロイターに対し「西友の売却は決めていない。買い手との協議は行っておらず、変化する日本の顧客のニーズに応えるよう、将来に向けて引き続き日本事業に従事する」と述べた。

Copyright © 2018 Thomson Reuters

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -