ニュース
» 2018年08月07日 17時55分 公開

再編:NTTがグローバル持ち株会社を設立へ NTTデータなど5社を移管

NTTは、グローバル事業を強化するために、持ち株会社の傘下にグローバル事業を所管する中間持ち株会社を設立する。

[ロイター]
photo 8月7日、NTTは、グローバル事業を強化するために、持ち株会社の傘下にグローバル事業を所管する中間持ち株会社を設立すると発表した。写真は都内で7月撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

[東京 7日 ロイター] - NTT<9432.T>は7日、グローバル事業を強化するために、持ち株会社の傘下にグローバル事業を所管する中間持ち株会社を設立すると発表した。現在、持ち株会社傘下にあるNTTコミュニケーションズ(NTTコム)やNTTデータ<9613.T>など5社を中間持ち株会社の下に移管する。

会見した澤田純社長は「持ち株会社のガバナンスの下で、グローバルの競争力強化を図る構造に持っていきたい」と語った。

設立するのは中間持ち株会社「NTT株式会社」。社長は澤田社長が兼務。今秋までに設立し、NTTコムとディメンションデータ、NTTデータ、NTTセキュリティ、NTTイノベーションインスティチュートの5社を中間持ち株会社の下に移管する。NTTデータは現在の経営形態のままグループ各社と連携し、上場は維持する。

NTTデータを除く4社については、来年夏をめどに事業を海外と国内別に統合することを検討する。

澤田社長はNTTコムの国内事業について「基本はそのままで、コムを法人向けのみにするという検討は一切していない」と語った。業界では将来的にはコムの個人向け事業をNTTドコモ<9437.T>に移管するとの観測もくすぶっている。

(志田義寧)

Copyright © 2018 Thomson Reuters

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -