調査リポート
» 2018年08月13日 14時05分 公開

「気分転換になる」など多数:約半数の喫煙者が「禁煙の予定なし」 絶対にやめない理由は……?

喫煙者がたばこをやめない理由は?――プラネット調べ。

[ITmedia]

 受動喫煙による健康被害の防止に向け、完全禁煙化に踏み切る飲食店が増えるなど、喫煙者への風当たりが強まっている昨今。いまもたばこを吸っている人はどの程度存在するのだろうか。

 小売事業者向けのマーケティング支援を手掛けるプラネットが約3900人に喫煙習慣の有無を聞いたところ、「喫煙している」は20.7%。「吸っていない」は51.1%、「喫煙者だったが、今はやめた」(28.2%)――となり、非喫煙者が計約80%を占めた。

 喫煙者に禁煙の意思があるかを聞いたところ、最多は「禁煙の予定はない」(53.7%)。「時期は決まっていないが、いつか禁煙する」(40.7%)、「禁煙する予定で、時期も決めている」(5.6%)と続いた。

photo 約半数の喫煙者が「禁煙の予定なし」だという(写真提供:Getty Images)

 「禁煙の予定はない」と答えた人に理由を聞いたところ、トップは「自分にとってのリラックスタイムだから」(54.6%)。2位は「自分の生活スタイルだから」(49.3%)、3位は「気分転換になるから」(47.7%)と、気持ちを切り替える手段としてたばこを重宝しているとの回答が多く集まった。

 4位は「吸わないとストレスがたまる」(38.7%)、5位は「口が寂しい」(18.5%)、6位は「(吸うと)集中力が出る」(11.8%)。「やめるほうが逆に(体に)悪い」(11.6%)、「喫煙所でのコミュニケーションが大切」(11.1%)などの答えも多かった。

photo 喫煙者がたばこをやめない理由(=プラネット調べ)

 プラネットは「女性にはリラックスやストレス解消など、メンタルの安定のためにタバコを吸う傾向があるのに対し、男性の場合、喫煙が自身のライフスタイルや生活信条につながっていることがうかがえる」と分析する。

 では、禁煙に成功した人と、禁煙の予定がある人が、「たばこをやめたい」と思ったきっかけは? 調査では、「自分の健康のため」が61.4%で最多。以下、「たばこ代が高い」(37.4%)、「喫煙可能な場所が減ってきた」(17.5%)、「配偶者・パートナーの健康のため」(16.8%)、「自分の口臭や煙のニオイが気になる」(15.1%)――と続いた。

photo 禁煙を決意した理由(=プラネット調べ)

 禁煙のきっかけとしては、「肺がんや心筋梗塞など、深刻な病気になって初めて禁煙できた」「かわいい孫のために禁煙した」「結婚を機にたばこをやめた」といった体験談が挙がり、同社は「たばこ以外に大事な目標を見つけることが、禁煙に成功する近道かもしれない」と結論付けている。

 調査は2018年6月20日〜7月10日にかけてインターネット上で実施。3893人の男女から回答を得た。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -