ニュース
» 2018年08月15日 16時47分 公開

中身は本物?:メルカリに「甲子園の土」出品相次ぐ 運営「自己責任で取引を」

フリマアプリ「メルカリ」に甲子園球場の土が多数出品されている。3万円前後の高値で取引されるものもある。中身が本物である保証はなく、運営元は「自己責任で取引してほしい」としている。

[ITmedia]

 8月5日に全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)が始まり、球児たちが日々激闘を繰り広げている。勝ったチームが意気揚々と校歌を斉唱する傍らで、負けたチームの生徒がグラウンドの土を集め、袋やびんに詰めて記念に持ち帰る姿も夏の風物詩だ。

 だが、そんな高校球児の気持ちが詰まった「甲子園の土」が、フリマアプリの「メルカリ」に続々と出品されている。現在も15件ほどの商品が購入可能となっており、ボトル入りやびん入りなどさまざまな形で売られている。

photo 「メルカリ」に出品されていた「甲子園の土」

 価格は、ボトル入り・びん入りが500円〜1万3000円程度。甲子園球場の誕生90周年を記念し、2014年に入場者限定で配布された、グラウンドの土を埋め込んだキーホルダーには3万円前後の値が付くものもある。

 出回っているものは過去の大会で採取された土が中心。1000円で買い取られた商品には「2001年(第83回大会)当時、甲子園に出場した先輩から頂きました」との注意書きがあった。4500円で買い取られた土には「2003年に出場した時の本物です」とのコメントが付いていた。

 ただ、こうした商品には、ボトルやびんの表面に「甲子園」との書き込みや印字があるものの、中身が本物とは限らない。高値で買い取ったボトルの中身が、実は無関係の公園の土だった――というリスクもゼロではないのだ。

photo 「甲子園の土」が数多く並ぶ「メルカリ」の検索結果

 この点についてメルカリに見解を聞いたところ、「規定に違反していないため、土の出品は禁止していません。中身が本物かどうかは分からないですが、ユーザーには自己責任で取引していただいています」(広報担当者)と回答。

 「現時点では、土が本物か偽物かを運営側が確認する予定はありません」(同)とのことだった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -