Digital Business Days 顧客接点のデジタル化

Digital Business Days

顧客接点のデジタル化 とは?

顧客(消費者)の価値感・ニーズ・購買行動などが多様化し、マーケット全体を見通すことが難しくなっていると言われている現在、デジタル活用でいかに顧客とのタッチポイントを多く作り、顧客一人一人の理解に即した、体験、サービス、利便性を提供できるかが重要になってきています。また、顧客接点は多様化しても、デジタル化によりプラットフォーム自体が一元化されることで、それまで窓口が散在していて集約できていなかった顧客の声や、対応のノウハウなどがデータとしても蓄積されるようになりなります。それらを、顧客の属性データとともにシームレスにフィードバック・分析することで、新たな商品開発、サービス向上に役立てることも、これからのビジネスモデルには求められています。本企画では、デジタル化を推進していきたい企業の商品企画、営業販売、マーケティング、経営企画などの業務に携わる読者をターゲットに、デジタル化による顧客起点に立ったビジネスモデルの実現について考えていきます。

close

小売業の店舗で深刻化している「人手不足」。その解決につながる提案を始めようとしているのが、SAS Institute Japanだ。「需要予測」「在庫最適化」のソリューションを活用して、売り場の負担を軽減するという。どのような提案なのだろうか。

業務で“本当”に使えるAIとは?:

企業がビジネス競争力を高めるために、これまで以上に重視されているのが、コンタクトセンターや社内のヘルプデスクにおける問い合わせ対応業務である。この業務のスピード感や正確さがなければ、顧客の不満は募るばかりだ。そうした中、この領域にAIの導入が進んでいるのをご存じだろうか。

提供:日本電気株式会社、SAS Institute Japan株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia ビジネスオンライン編集部/掲載内容有効期限:2018年6月29日

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.