2015年7月27日以前の記事
検索
ニュース
プリペイドカード事業に参入:

JALとSBI、フィンテックで新会社 共同事業スタート

日本航空とSBIホールディングスは、フィンテックを活用した新サービスを展開する共同出資会社を設立した。

Share
Tweet
g+
LINE
Hatena

 日本航空(JAL)とSBIホールディングスは10月3日、フィンテック(金融テクノロジー)を活用した新サービスを展開する共同出資会社を設立したと発表した。第1弾として、スマートフォンなどでいつでも外貨両替できるサービスなどを2018年度にスタートする。

photo
共同事業のイメージ=ニュースリリースより

 JALとSBIで共同持ち株会社「JAL SBIフィンテック」を9月に設立。SBIの金融ノウハウを活用し、旅行や日常の利便性を高める金融サービスの創出を目指す。

 第1弾事業を展開する事業会社として、共同持ち株会社の傘下に「JALペイメント・ポート」を共同で設立した。スマホなどいつでも外貨両替し、海外のATMで現地通貨で引き出したり、両替した外貨や日本円で決済できる国際ブランド・プリペイドカード事業などを展開する。

 今後、SBIが出資するフィンテック企業などと協業し、決済手法や資産形成など、旅行関連にとどまらない新サービスの提供を検討していく。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る