ニュース
» 2012年07月31日 22時02分 UPDATE

スマートな体重計でスマートに?:タニタ、スマホと連携する体組成計「BC‐505」を発売

タニタは、体組成計インナースキャン「BC‐505」を発売する。Bluetoothモジュールの搭載により、Android搭載スマートフォンにバイタルデータを転送、専用アプリで手軽に管理できる。

[ITmedia]
Photo 体組成計インナースキャン「BC‐505」

 タニタは、体組成計インナースキャン「BC‐505」を8月1日に発売する。Bluetooth搭載のAndroidスマートフォンに測定結果をワイヤレス伝送し、専用アプリで管理できる。価格はオープンで、市場想定価格は2万円前後。

 円形の強化ガラスを使用したスタイリッシュな体組成計。Bluetooth規格はVersion2.0+EDR(クラス2)で、対応するAndroidスマートフォンに計測したバイタルデータを転送し、無料の専用アプリ「a-Tanita」で管理できる。伝送距離は見通しで約10メートルのため、リビングで計測したデータを寝室のスマートフォンで確認するといったことも可能だ。なお、対応するスマートフォンの一覧を同社サイトで公開している。

 計測項目は、体重/体脂肪率/筋肉量/推定骨量/内臓脂肪レベル/基礎代謝量/体内年齢/体水分率/BMIの9種類。a-Tanitaでは、取り込んだデータを時系列でグラフ表示が可能。ほかにも目標値の設定、計測項目から管理したい3つの機能の同一画面表示もできるなど、より効果的な健康管理を実現するという。

 製品サイズは340(幅)×34(高さ)×340(奥行き)ミリで、重量は乾電池を含めて約2.6キロ。電源には単三形乾電池4本を使用する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう