ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2008年11月11日 07時00分 UPDATE

NEC、ハイブリッドスーパーコンピューティングを独機関と共同研究

NECは、ベクトルとスカラーのハイブリッドスーパーコンピューティングシステムの共同研究にドイツの機関と取り組む。ハイブリッドは「重要な課題」としている。

[ITmedia]

 NECは11月10日、独シュツットガルトハイパフォーマンス計算センター(Hochstleistungsrechenzentrum Stuttgart:HLRS)と、ベクトルとスカラーのハイブリッドスーパーコンピューティングシステムに関する共同研究を推進することで合意したと発表した。

 HLRSはNECのベクトルスーパーコンピュータ「SX-9」とPCクラスターを導入。NECは両システム間のインターコネクトと各種ソフトウェアを提供、アプリケーションの性能を高める研究を共同で進める。

 HLRSは、航空シミュレーションや流体粒子シミュレーションなど、各種のシミュレーションにハイブリッドシステムを活用する予定。HLRSは「ハイブリッド環境の実現により、構造解析と流体解析のような、物理的に異なる問題などを同一システム上で解析できるようになる」としている。

 NECは「当社にとってハイブリッドスーパーコンピューティングは次世代のHPCソリューションを考える上で重要な課題」として、研究成果をハイブリッドソリューションとして顧客に提供していく。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.