ニュース
» 2015年01月15日 19時17分 UPDATE

ソフトバンクとAlibabaなど、中国のタクシー配車アプリに6億ドル出資

中国でシェアトップのタクシー配車アプリ「Kuaidi」にソフトバンクとAlibabaなどが総額6億ドルを出資。

[ITmedia]
photo

 ソフトバンクグループなどは1月15日、中国でタクシー配車アプリ「Kuaidi」を展開するTravice(杭州)に総額6億ドル(約708億円)を出資することで合意したと発表した。

 Traviceは2012年創業。Kuaidiは中国内の300都市以上でサービスを展開し、昨年11月時点のタクシー配車アプリ市場でシェア54.4%を占め、ユーザーは2億人を超えるという。調達した資金で事業拡大を図る。

 出資はSoftBank Internet and Media(SIMI)と中国Alibaba、投資ファンドのTiger Globalで実施。SIMIのニケシュ・アローラCEOは「2年という短期間でKuaidiは中国でのタクシー配車アプリ業界において最も有力な事業者となり、今後もその経営陣の優れたビジョンとリーダーシップにより多くのユーザーに支持されていくと確信している」とコメントしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -