ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年06月26日 19時13分 UPDATE

マクドナルド、宅配「UberEATS」正式導入 都内33店舗で

日本マクドナルドが、フードデリバリーサービス「UberEATS」を都内33店舗に導入。これまで都内の一部店舗で試験導入していた。

[ITmedia]

 日本マクドナルドは6月26日、米Uberのフードデリバリーサービス「UberEATS」を用いた宅配サービスを都内33店舗で始めた。これまで都内の一部店舗でテストしていたサービスを正式導入する。

photo

 UberEATSのアプリやWebサイトから、マクドナルドの商品を1品から注文できる。指定した住所に届けるため、自宅やオフィスだけでなく公園など屋外でも利用可能だ。最低注文金額はなく、配送料は一律380円(税込)。「朝マック」やデザートは対象外。

 デリバリー可能エリアは、東京都港区、中央区、千代田区、渋谷区、品川区、世田谷区、新宿区、目黒区の一部。受付時間は午前10時30分〜午後11時。

photo 利用可能店舗の一覧

 日本マクドナルドは、これまでも自前の出前サービス「マックデリバリー」を提供していたが、6月初旬までに一部の店舗でUberEATSを試験導入。同社広報担当者は「サービス向上のための小規模なテストをさまざまに行っており、UberEATSもその一環」と説明していた。

 正式導入に当たって「これまで宅配サービスを利用する機会がなかったユーザーも、UberEATSの導入を機に、さまざまなシーンでマクドナルドの商品を楽しんでもらいたい」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.