ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2017年10月25日 14時25分 公開

東京モーターショー2017:アップデートで進化するクルマ レクサスが2020年に目指すコンセプトカー「LS+ Concept」を初公開

レクサスが、自動運転技術を搭載するコンセプトカーを発表した。

[山口恵祐,ITmedia]

 「東京モーターショー2017」(一般公開日10月27日〜11月5日、東京ビッグサイト)で、トヨタ自動車の高級車ブランド・レクサスが自動運転技術を搭載するコンセプトカー「LS+ Concept」を初披露した。

photo

 レクサスのフラグシップセダン「LS」シリーズの未来をイメージしたコンセプトモデル。2020年に自動車専用道路での自動運転実用化を目指す。実際の交通状況に応じて車載システムが状況を認知、判断、操作を行い、合流、車線変更、車線・車間維持といった運転操作を提案する。ドライバーが提案を承諾すると、操作が行われるような仕組みを想定しているという。

 レクサスの統一されたグリルデザイン「スピンドルグリル」が、現行モデルに比べてより立体的にすることで、冷却性能と空力性能を両立。光源にレーザーを使ったヘッドライトや、カメラとディスプレイを使う電子ミラーなど、先進機能も採用した。

photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo トヨタ自動車常務役員を務めるレクサスインターナショナルの澤良宏プレジデント(トヨタ自動車常務役員)

 クルマと専用のデータセンターをネット接続することで、ソフトウェア更新による機能追加にも対応。搭載するAI(人工知能)に道路や周辺情報などのビッグデータを学習させることで、より高性能な自動運転の実現を目指す。

 トヨタ自動車常務役員を務めるレクサスインターナショナルの澤良宏プレジデント(トヨタ自動車常務役員)は発表会で次のように話した。

 「レクサスの未来への挑戦をコンセプトカーで表現した。安全でスムーズな移動体験を全ての人に提供したい」(澤良宏プレジデント)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.