ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年03月01日 17時21分 公開

ドコモとパナソニック、省電力無線通信「LPWA」対応IoT家電の実用化に向け実証実験スタート

NTTドコモとパナソニックは、「LPWA」を活用したIoT家電の実用化に向けた共同実証実験を行うことで基本合意した。将来、年数百万台規模のパナソニック製LPWA対応IoT家電を、ドコモの通信網を経由し、両社のクラウドサービスに接続させることを目指す。

[ITmedia]

 NTTドコモとパナソニックは3月1日、省電力広域無線通信技術「LPWA」(Low Power Wide Area)を活用したIoT家電の実用化に向けた共同実証実験を行うことで基本合意したと発表した。将来、年数百万台規模のパナソニック製LPWA対応IoT(Internet of Things)家電を、ドコモの通信網を経由し、両社のクラウドサービスに接続させることを目指す。

 LPWAは、低消費電力で長距離通信を実現でき、IoTに最適な無線技術として注目を集めている。ドコモはLPWAを活用したネットワークサービスの提供に取り組んでおり、パナソニックは、IoT家電を販売している。LPWA機能が搭載されたIoT家電が実用化すれば、ネット回線がない家庭でも電源を入れるだけでクラウドサービスが利用できるようになる。

 両社は、LPWAを活用したIoT家電やAI家電の企画・検討を進めるほか、実用化に向けてビジネスモデルの開発や技術開発、技術検証などを目的とした実証実験を開始。東京、大阪、滋賀の三地域で、合計1000台規模のLPWA通信対応家電を用いた実験を、2018年秋をめどに順次始める。ドコモの「AIエージェントサービス」の利用も視野に、IoT家電向けクラウドサービスの企画・検討にも取り組む。

 実験を通じ、LPWA通信技術を搭載したIoT家電の技術とビジネスモデルが確立できれば、実用化フェーズに移行。将来は、年間数百万台規模のパナソニック製のLPWA対応IoT家電を、ドコモの全国規模の広域通信網を経由して両社のクラウドサービスに接続させることを目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.