PR

クアッドコアCPUと大画面液晶で3Dゲームも楽しめる「FMV-DESKPOWER CE/D50N」を駆ける(第3回)

モンハンの動作推奨PCに認定された「FMV-DESKPOWER CE/D50N」だが、単なるゲーミングPCにとどまらない、数々の便利機能を備えている。高いポテンシャルを持つ性能や使い勝手のよさをチェックしよう。

直販モデルでベンチマークテストを実施

ht_0906ce01.jpg 「FMV-DESKPOWER CE/D50N」。液晶ディスプレイは別売だ

 コストパフォーマンスに優れたデスクトップPCを擁する富士通の「FMV-DESKPOWER」シリーズにおいて、性能と拡張性のバランス重視したのがセパレート型の「FMV-DESKPOWER CE/D50N」だ。第1回では、4Gバイトのメモリと高性能なインテル® Core™ 2 Quad プロセッサーを採用した夏モデルの概要に触れ、第2回ではグラフィックスカードの追加により、「モンスターハンターフロンティアオンライン」の動作推奨PCに認定された新モデルの内部を見てきた。今回は、最新モデルの実力をはじめ、使い勝手のよさや便利機能を見ていこう。

 これまでも述べてきた通り、本機の主なスペックはCPUがインテル® Core™ 2 Quad プロセッサー Q8300(2.5GHz/FSB 1333MHz/2次キャッシュ4Mバイト)、チップセットにインテル® G41 Expressチップセットを採用する。メモリは2Gバイト(PC3-8500対応/2Gバイト×1)か4Gバイト(PC3-8500対応/2Gバイト×2のデュアルチャネル構成)、HDDは最大約1Tバイト/約750Gバイト/約500Gバイト/約320Gバイトからの選択となるが、ここでは店頭モデル(FMV-DESKPOWER CE/D50)と同じ構成(2Gバイト×2のメモリと500GバイトのHDD、GeForce 9500 GT搭載グラフィックスカード)の状態にしてベンチマークテストを行った。なお、OSはWindows Vista Home Premium(SP1)だ。

モンハンはもちろんVistaも快適に使える高い性能を発揮

ht_0906ce02.jpg Windowsエクスペリエンスインデックスの画面

 まずWindowsエクスペリエンスインデックスのスコアを見ると、最も低いゲーム用グラフィックスでも5.6と高い値を残している。そのほかはすべて5.9のハイスコアをマークしており、Windows Vistaはもとより、3Dゲームも快適に利用できるのが分かる。

 PCの総合的なパフォーマンスを計測するPCMark05では、総合スコアが7000台後半と優秀で、特にGraphicsは8282と最も高い。DirectX 10対応のGeForce 9500 GTを搭載したグラフィックスカードを備えた成果がきちんと反映されている。これは3Dの描画性能を計る3DMark06や、DirectX 8.1世代のFINAL FANTASY XI Official Benchmark 3でも同様の傾向を示している。前者の3DMark06では、1680×1050ドットの高解像度でも5000以上のスコアを出しており、処理が重い最新の3Dゲームにも対応できるだけのポテンシャルを獲得しているのが分かる。

 もちろん、グラフィックスカード以上に重要なパーツであるCPUも、クアッドコアのインテル® Core™ 2 Quad プロセッサー Q8300を採用していることで、高スコアをたたき出している。そして何より重要なのが、“PCに気を遣わず”使えることだ。例えば、実際にPCを使っている際にウイルス対策ソフトウェアがバックグラウンドでシステムをスキャンすると、デュアルコアCPU搭載機ではWebページの閲覧がややもたつく場合があるのに対し、クアッドコアCPUではそのようなこともなく、バックグラウンド処理に気をかけることなくWebページの閲覧やメールの送受信が行える。このあたりは日ごろの快適性を左右する大切な部分であり、クアッドコアCPUを搭載した本機は余裕を持ってさまざまな処理を同時こなせるわけだ。

 一昔前のPCでは、このような複数の処理を同時にこなすWindows Vista世代の使い方には向いておらず、PCを使うたびにどうしてもストレスを感じてしまう。高画質な動画や静止画の編集、音楽データのエンコードといった処理も同様だ。その点、処理能力にゆとりのある本機ならば、Windows Vistaはもちろんのこと、10月22日に発売予定の次期WindowsであるWindows 7でも快適に扱えるのはいうまでもない。

ht_0906ce03.jpg PCMark05のスコア
ht_0906ce04.jpg 3DMark06のスコア
ht_0906ce05.jpg FF XIベンチのスコア

ht_0906ce07.jpg CPU-Z 1.50の画面。45ナノメートルプロセスで製造されたCPUを搭載する
ht_0906ce08.jpg タスクマネージャでは4つのCPUコアが動作しているのが分かる
ht_0906ce09.jpg 基本性能に優れた本機は、モンスターハンターフロンティアオンラインの動作推奨PCに認定されている

(c) CAPCOM CO., LTD. 2007,2009 ALL RIGHTS RESERVED.

ハードウェアとソフトウェアの便利機能をチェック

ht_0906ce10.jpg 背面に主電源スイッチと、液晶ディスプレイ用のサービスコンセントを備える

 続いて、CEシリーズならではの便利機能や使い勝手のよさを見ていこう。

 昨今のPCは電源をオフにしても、常に微弱な電力を消費しているが、本機には背面に主電源スイッチが用意され、PCを使わない時はスイッチをオフにすることで完全に電源の供給を切ることが可能だ。加えて、主電源スイッチの真上に液晶ディスプレイ用のサービスコンセントがあるのも見逃せない。これは、PCの電源と連動して電源が供給されるコンセントで、電源オフ時/休止時には液晶ディスプレイへの電源供給も停止するので、ディスプレイの電源消し忘れという事態も回避できる。エコという観点だけでなく、使い勝手の観点からいっても、非常に理にかなった仕様といえるだろう。

 標準で付属するUSB接続のFeliCaポートは、離席時のスクリーンセーバーのパスワード解除といったセキュリティの強化だけでなく、FeliCa対応の携帯電話やカードで電子マネーを使ったショッピングやチャージ、残金確認もワンタッチで行える。サイズも小柄かつ軽量なので、扱いやすい。

 一方、ボディ前面のカバー内にはダイレクト・メモリースロットがあり、SDHC対応SDメモリーカード/メモリースティックPROといったメモリカードを直接読み書きできる。同カードを備えたデジカメやデジタルカメラで撮影した静止画/動画データを、簡単に取り込めるので重宝する。さらに夏モデルでは、写真管理・再生ソフトウェアの「マイフォト」が写真の縦位置自動判別機能に対応したほか、AVCHD形式のハイビジョン映像をフォルダ/日付/評価から検索して再生できる「CyberLink AVCHD Player」が、HDD内やメモリカード内のデータを直接再生可能になり(従来は、いったんDVDメディアなどに書き出す必要があった)、使い勝手が向上した。

ht_0906ce13.jpg 前面のカバー内にダイレクト・メモリースロットが用意される
ht_0906ce14.jpg メモリカード内の画像データを表示したり、スライドショーが楽しめる「マイフォト」
ht_0906ce15.jpg 夏モデルのマイフォトから、縦位置表示の自動判別機能を備えるようになった

 そのほか、動画編集ソフトウェアの「DVD MovieWriter for FUJITSU」ではAVCHDで記録したビデオカメラ映像のオンディスク編集が行え、直販のWEB MARTでBlu-ray Discドライブを選べば、DVD-RAMやDVD-RWだけでなく、1層/2層のBD-REメディアにも対応する。

 製品にはPS/2接続のワンタッチボタン付きキーボードと、USB接続のチルトホイールに対応したマウスが付属する。前者にはInternet Explorerを起動するインターネットボタンやメールボタンをはじめ、音量調節や電源ボタン、PCの操作が分からなくなった時などに役立つ「FMVサポートナビ」を呼び出すサポートボタンが用意されている。

ht_0906ce17.jpght_0906ce18.jpg ワンタッチボタン付きキーボードとチルトホイール機能を備えたマウスが付属する(写真=左)。サポートボタンを押すと、さまざまなツールがまとまった「FMVサポートナビ」が立ち上がる(写真=右)

1台目のPCとしてはもちろん、買い換え/買い増しにも適したモデル

ht_0906ce19.jpg 直販サイトの「WEB MART」。細かなカスタマイズが可能だ

 以上、3回にわたって優れた性能と拡張性をバランスよくまとめた富士通のセパレート型デスクトップPC「FMV-DESKPOWER CE/D50N」を見てきた。従来機から採用しているインテル® Core™ 2 Quad プロセッサーを中心にパフォーマンス面で磨きをかけただけでなく、パワフルなグラフィックスカードを装備して「モンスターハンターフロンティアオンライン」の動作推奨PCに認定されたことで、夏モデルは新たな魅力を備えたのは間違いない。

 個人向けPCらしい細やかな便利機能を備えつつ、小型ボディながら拡張性も十分に確保されており、ホームエンターテインメントの中核として末永く使い続けることができそうだ。同社直販の「WEB MART」ならば、メモリやHDD容量、液晶ディスプレイの有無だけでなく、オフィススイートのOffice Personal 2007(SP1)かOffice Personal 2007 with PowerPoint 2007(SP1)も選べる。PCの買い換え/買い増しの場合は自分に必要なものだけを選んで購入できるのがうれしい。何より、WEB MARTで購入すれば、通常のメーカー保証1年間が無料で3年間になる(メーカー保証1年間+延長保証2年間)のも好印象だ。

 まずは気軽にWEB MARTに足を運んで、自分好みの好みにあったカスタムメイドを試してほしい。手持ちのPCを買い取ってくれる「下取りサービス」を活用したり、随時開催されているクーポンやキャンペーンを利用すれば、さらにお買い得に本機を入手できるだろう。


提供:富士通株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia +D 編集部/掲載内容有効期限:2009年6月30日

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.