IT仕事塾

できるビジネスマンのノウハウ伝授
第4回 Excelデータの上手な料理法  - その2-(1/4)

会社に持ち上がったプロジェクトを成功させるために、参加を命じられた田中君。新しい販売プロジェクトの成否は彼にかかっているのだ!

  • 田中君:プロフェッショナル向け映像関連製品を取り扱うABC商事社員。配属されてから3カ月になる、22歳の新卒新入社員。
  • 江藤君:ABC商事社員。田中君と同じく配属されてから3カ月の新卒新入社員。営業1課所属。
  • 及川先輩:ABC商事社員。システム課の先輩。田中君に的確なアドバイスをしてくれる。
  • 山田課長:ABC商事社員。田中君が所属する営業2課の責任者。
  • 福島課長代理:ABC商事 営業1課の課長代理。新設プロジェクトチームのリーダー。

 長引く不況で、ABC商事でも、本業のプロ向け映像関連製品の売上が鈍化。打開策として、コンシューマー向け製品の販売を決定。そのための社内横断プロジェクト『プロジェクト“C”』が発足した。

福島課長代理 「いよいよ『プロジェクト“C”』がスタートするが、まずは営業に必要な基本ツールをそろえることが肝心だ。顧客データ、商品カタログ、見積書の3つだ。このツールの作成は、江藤君、君に頼んでおいたわけだが……」


江藤君 「はい。顧客データ、商品カタログ、見積書、それぞれをExcelで作ってみました。商品カタログについては、主力商品のデジカメを中心としたものにしました。しかし、商品スペックばかり、文字ばかり並んでしまって、ビジュアルもないし、お客様への説得力に欠けるんですよね。かといって、メーカーのカタログを全部もって行くのも、数が多くて重すぎるし、一覧性にも乏しいですし……」


江藤君がExcelで作った「一覧表」。だが、商品スペックは多すぎて、スクロールしないと見ることができない

福島課長代理 「そこは表計算ソフトの限界なのかもしれないな。確かにビジュアルがないものは、カタログとは言えないな」

 「顧客データは、プロジェクトメンバー全員の担当分けをして、割り当てたデータを各人に渡しておく必要があるな。メンバーが個別に作っているExcelの顧客リストでは、重複もあるだろうし、いったん一つにまとめてデータを整理したあと、割り当てる必要がありそうだ」

 「見積書は、Excelで作るとなると、最初のうちはよくても、あとで厄介なことになってしまうぞ。案件一つ一つに、ファイルが1つずつできてしまうから、商談を増やせば増やすほど、バラバラの見積書ファイルがどんどん増え、収拾がつかなくなってしまう」

 「江藤君、プロジェクト用のツールとして、使いやすくて再利用できるようなものはないのかね?」


江藤君 「実は、営業2課ではデータベースを使って業務の効率をアップさせているという話を聞いているんです。自分はそのデータベースのことをよく知らないんですが、あそこの田中君なら、Excelじゃない切り口でツールを作れるかもしれません」

福島課長代理 「そうか。このプロジェクトには若手がもう1人くらい必要だし、営業2課の山田課長に頼んでみるとしよう」

田中君、『プロジェクト“C” 』の推進力に

山田課長 「田中君、いま社内で『プロジェクト“C”』をスタートしようとしている。それに君も参加してほしいんだ。データベースをビジネスに生かす力をそこで発揮してほしい、とプロジェクトリーダーの福島君に頼まれてね」

 「客先で見せるための、商品カタログ作りがうまくいってないそうだ。Excelで作ったらしいんだが、どうもかんばしくないらしい。そこで、だ」

田中君 「ファイルメーカーProの出番、てわけですね。わかりました、がんばります!」

山田課長 「たのむぞ。プロジェクトリーダーからは、Excelで作った商品カタログをビジュアルでもっと分かりやすい形にしてほしい、顧客データや見積書のツールも作ってほしい、と言ってきている」

 その日の午後、営業1課の福島課長代理に呼ばれ、『プロジェクト“C”』営業ツール改良の話を聞いた。

まずは、“使える”営業ツールを作らねば

[高岡幸生(ジェネコム), ITmedia ]

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

前のページ | 1/4 | 次のページ

ピックアップ

news014.jpg 「ThinkPad X240s」ロードテスト:第3回 会社PCにThinkPadが選ばれる理由──業務ストップを最低限に抑える「System Update」
万一時のトラブルでPCをリカバリーすると、ドライバやユーティリティツールも初期状態に戻る。元の作業環境に戻すのは結構な手間だが、業務の納期は待ってくれない。これに対応するビジネス層に支持される機能がThinkPadシリーズには存在する。

news102.jpg 注目タブレット速攻レビュー:「Venue 11 Pro」――Core i5搭載でSurface Pro 2より安いWindowsタブレットを試す(ベンチマークテスト編)
デルの「Venue 11 Pro」は、幅広いCPUやオプションが選択でき、ビジネスからホームユースまで対応できる10.8型Windows 8.1タブレットだ。今回はCore i5搭載モデルの性能をチェックする。

news127.jpg 注目PC詳細レビュー:「GRANNOTE」――富士通の“洗練された大人世代PC”を徹底検証(使い勝手編)
富士通のシニア向けPCといえば「らくらくパソコン」が思い浮かぶが、いまやPCとスマートデバイスを使いこなすシニアも多い。そんな“アクティブな大人世代”が満足できるPCを目指したという「GRANNOTE」は、これまでのPCと一体何が違うのか?

news062.jpg 「3年先を行く」製造技術:タブレット市場に注力するIntelのモバイルプロセッサ戦略
Intelは“他社の3年先を行く”半導体製造技術でタブレット市場における影響力の拡大を目指す。同社のモバイルプロセッサ戦略をまとめた。

news045.jpg ギネス級のスピードを体験:圧倒的な印刷速度! ビジネス向けA4インクジェット複合機「HP Officejet Pro X576dw」
毎分70枚という爆速の印刷速度を誇るビジネスインクジェット複合機「HP Officejet Pro X」を使ってみた。

news151.jpg 週末アップルPickUp!:SIMフリー版iPhone国内発売……ねぇいまどんな気持ち?
意外と安い、のか?

news073.jpg LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:第22回 「パネルオープンパワーオン」機能で即作業、改めてLaVie Zの便利さを知る
第2世代のLaVie Zは、徹底した軽さと「2560×1440ドットの超高解像度ディスプレイ」が業務効率を高める大きなポイント。ディスプレイ周りの使い勝手では、“ここも便利”な細かいポイントもいくつかある。

news128.jpg 鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1」:「SkyDrive」使いこなしTips──「設定同期」と「モバイルデータ通信時の場合」編
Windows 8.1の特徴の1つに、SkyDriveを軸にしたオンライン/クラウドサービスとのさらなる連携強化が挙げられる。今回はこの「SkyDrive」の便利ポイントを解説しよう。まずは「設定同期」から。

news132.jpg ブルーライトもチラツキも抑制:疲れ目対策と節電こだわった液晶ディスプレイ――「FlexScan EV2436W-Z」を試す
EIZOの24.1型ワイド液晶ディスプレイ「FlexScan EV2436W-Z」は、ブルーライトやチラツキの抑制といった疲れ目対策と、消費電力を低減する機能が満載だ。

news071.jpg 注目PC詳細レビュー:「GRANNOTE」――富士通の“洗練された大人世代PC”を徹底検証(ベンチマークテスト編)
富士通が提案する活動的なシニア向けPC「GRANNOTE」。今回は各種ベンチマークテストで、PCとしての実力を明らかにする。