ニュース
» 2008年05月26日 10時59分 公開

3分LifeHacking:ケータイカメラでメモした画像を自動補正する

ケータイのカメラ機能を使い、ホワイトボードに書かれた内容などをメモすることは多い。この画像を自動的に補正してくれるサービスを紹介しよう。

[kizuki,ITmedia]

 ホワイトボードに書かれた内容、また手書きのメモなどを残しておく際、ケータイのカメラ機能が便利だ。いちいち内容を書き留める必要もない上、メールに添付して自分宛に送るだけでよい。また、自分以外の人に転送するのも簡単である。

 さて、こうしたケータイカメラの使い方をさらに便利にしてくれるサービスが、今回紹介する「qipit」だ。これは、ケータイカメラで撮影した画像を添付ファイルとして専用メールアドレスに送付することにより、コントラストの自動補正を行った上で、送り返してくれるというサービスである。

 そもそも、ケータイのカメラ機能で撮影したホワイトボードなどの画像は、蛍光灯などの室内灯下で撮られているため、ホワイトバランスが崩れた状態であることが多い。こうした画像は通常Photoshopなど画像補正ソフトでレベル補正やコントラストの調整を行うことになるが、qipitがあれば、メールに添付して送るだけでよい。補正済みのファイルをケータイ宛に自動返信してくれるので、いちいちアプリケーションを起動して補正せずに済むというわけである。

qipitのサイト。すべて英語で、機能も多いためやや難解なサービスかもしれない。まずは会員登録を済ませよう
画像は、ケータイメールに添付して送るか、もしくはサイトからアップロードする。白黒で補正する場合と、カラーで補正する場合とでは、送り先のメールアドレスも異なる。また、サイトからアップロードする場合は、この時点で画像の向きを回転させる指定も可能だ

アップロードした画像の加工が完了するとメールが届く
アップロードした画像(左)と、加工された画像(右)。ホワイトバランスが調整されており、読みやすくなっている。ゆがみを補正するといった機能はない

PDFに変換したり、任意のメールアドレス宛に送付することもできる
PDFに変換してダウンロードし、開いた状態。議事録に添付して保存するといった使い方に向いていそうだ

 qipit宛に送信した画像はすべてWebサイトの専用ページにアップロードされている。サイト上では画像を90度回転させるといった調整のほか、任意のメールアドレスに転送したり、PDFに変換することも可能だ。撮影した画像を履歴として残しておきたい場合にも使える便利なサービスだ。

本日のレシピ
サービス名 利用料 提供元
qipit 無料 Realeyes3D

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -