Special
» 2012年08月27日 10時00分 公開

スマートデバイスで“PCレスプレゼン”――「Epson iProjection」でモバイルプロジェクター活用術(2/4 ページ)

[PR/Business Media 誠]
このエントリーをはてなブックマークに追加

主要スマートデバイスに全対応、iOS版はさらに便利

 ここからは、PCレスでのプロジェクター活用法を詳しく紹介する。まずスマートデバイス用アプリのEpson iProjectionだ。iOS向けにはApp Store、Android向けのGoogle Playにて無料配信している。

iOS向けアプリ「Epson iProjection」のメイン画面

 対して、プロジェクター側には無線LAN機能が必要となる。エプソン最新モデルのうち、無線LAN機能を標準搭載しているのは「EB-1776W」。このほか一部モデルには、無線LAN機能を追加するための専用オプションも用意している。予算などに応じて、後から無線LAN機能を追加し、Epson iProjectionを利用することも可能だ。

 PCレスプレゼンを行いたい時は、このEB-1776WとiOS版Epson iProjectionの組み合わせが特に手軽。というのも、iOS版では「かんたんモード」という無線LAN接続モードが使えるので、出先でも簡単にセットアップができるからだ。同行者が急にプロジェクターを利用するような場合にも十分対応できる。

Epson iProjectionで写真を表示したところ。左上のアイコンをタップするとサムネイル画面に移行する

 Epson iProjectionの基本機能は、画像(JPGおよびPNG)の投写だ。スマートフォン内にローカル保存してある画像、例えばiOS端末であれば「カメラロール」内の写真やiTunes経由で転送しておいた画像が投写できる。近年のスマートフォンは保存容量も大きいので、それこそ数百枚単位の画像を用意しておき、プレゼンの進行に応じて適宜選び出してもいい。

 そして、各種のオフィス文書ファイル表示にも対応する。iOS版アプリはサポートするファイル形式が多く、具体的にはMicrosoft Office 2003以降のWord、PowerPoint、Excelに対応。PDF1.7形式(Acrobat8以降に対応)やアップルのプレゼンテーションソフト「Keynote」で作成したデータも表示できる。これだけあれば、プレゼンで困ることはほとんどないはず。表示に必要なファイルは、iTunes経由で取り込み可能だ。

PowerPointにも対応。iTunes経由で転送しておき、ファイルを開くと……
PCレスでも表示できる

 加えて、最近実施したアプリのアップデートにより、Webサイトの投写もできるようになった。Epson iProjectionアプリ内にあるブラウザで表示したサイトを、ほぼそのまま投写できる。ただし、前述のかんたんモードで接続した場合は、プロジェクターとインターネット双方に対してネットワークセッションをはる必要があるため、iOS端末側で3Gと無線LANを両方使えることが条件となる。このため、iPod touchやiPadのWi-FiモデルではWebサイト投写が事実上できない点は覚えておいてほしい(ルータ経由で接続するマニュアルモードであれば可能)。

Webブラウザを搭載しWebページも表示可能。縦画面だけでなく、横画面表示もできる

 インターネット接続が可能な3G対応端末であれば、投写可能なファイルの種類はさらに広がる。例えば、iOS端末のメールアプリで受信したファイルの表示。準備し忘れた画像やオフィス文書を急きょ送信してもらって、すぐに投写できる。

 また、いわゆるクラウド型サービスとも連携する。DropboxやEvernoteのiOSアプリではクラウド上に保存した各ファイルを、ほかのアプリで開けるようになっている。例えば、Dropboxに保存したPDFデータはiBooksアプリやAdobe Readerで開けるが、Epson iProjectionをインストールするとEpson iProjectionでも開けるようになるのだ。

アプリ間連携機能もあるので、DropboxやEvernoteに保存してある画像をクラウド経由で表示することも可能

 このように、Epson iProjectionでは、スマートデバイス内の膨大なアーカイブを表示できるだけでなく、インターネットから得た情報(ファイル)を即時表示することも可能だ。この2種類の手段を組み合わせることで、実用性が極めて高くなっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:エプソン販売株式会社
アイティメディア営業企画/制作:誠 Biz.ID編集部/掲載内容有効期限:2012年9月30日