連載
» 2005年03月22日 10時34分 公開

迷惑メール時代から見た「メッセージF」の可能性神尾寿の時事日想

迷惑メール対策としてメール受信制限をかけた結果、まっとうなメールまでも拒否してしまう──ケータイメールを利用しようと考える企業の悩みどころを解決する可能性を持つのが、NTTドコモのメッセージFだ。

[神尾寿,ITmedia]

 B2C企業の活動にとって、携帯電話の存在感は日増しに大きくなっている。いわゆる“ケータイ”は究極のパーソナルメディアであり、ユーザー同士で口コミ情報を加速度的に広めるP2Pコミュニケーションツールだ。若年層や女性を中心に「ケータイから入ってきた情報」の影響力は大きくなってきている。単純な広告に限らず、企業と消費者のコミュニケーションにケータイは欠かせない。

 しかし今、ケータイは企業のマーケティングやコミュニケーションにとって使いづらい状況にある。原因は迷惑メールだ。

 2002年頃から社会問題化した携帯電話向け迷惑メールは、携帯電話キャリアの対策にもかかわらず、下火になる気配が見えない。キャリアの対策と迷惑メール業者の手口の巧妙化は「いたちごっこ」で、結果として、ドメイン指定受信をはじめ各種メール受信制限の利用をユーザーは余儀なくされている。

 問題はこれら迷惑メール向けの受信制限機能が、まっとうなマーケティングやコミュニケーション用のメールまで「受信拒否」してしまうことだ。

 例えば筆者も、おサイフケータイで「GEO」の会員サービスを受けようとした時にドメイン指定受信を切り忘れ、「登録手続きメールが届かない」と戸惑った経験がある。GEOではビデオの返却予定日やキャンペーンの案内をメールで送ってくれるサービスもあるのだが、これらを利用するにはGEOのアドレスをドメイン指定受信に加えなければならない。迷惑メールを防ぐための機能が、まっとうなサービスの“使いやすさ”を損なうのだ。

 このような状況下で注目なのがNTTドコモの「メッセージF(フリー)」だ。メッセージFは通常のメールシステムとは切り離されており、端末側でもメールボックスが分離している。また、この形式で迷惑メールが送られることはない。ディーツーコミュニケーションズによると、「メッセージF」の登録者が急増しているという。これは多くの企業が、迷惑メール対策の余波を受ける通常のメールサービスよりも、メッセージFの方に広告マーケティングの活路を見いだし、注力し始めた結果だろう。

 もうひとつ、ドコモには優れたメッセージシステムがある。それが「メッセージリクエスト」だ。これは公式コンテンツのメールマガジンなどに使える仕組みで、こちらも通常のメールシステムから分離しており、迷惑メール混入の心配がない。さらにメッセージリクエストでは、迷惑メール対策などでメールアドレスを変更した場合、自動的に配信先アドレスが切り替わるため、個々の公式サイトで登録メールアドレスを変更していく必要がないというメリットもある。

 迷惑メール問題がなくならない以上、通常のメールシステムから分離し、キャリアの審査を受けた公式コンテンツ事業者のみ使える「安全なメッセージシステム」は必要だ。ドコモはiモード初期からメッセージFやメッセージリクエストでこれらの仕組みを実現していたわけだが、これは先見の明があったといえる。ドコモ、そして公式コンテンツ事業者は、メッセージFやメッセージリクエストを積極的に活用して欲しい。

 一方、auとボーダフォンは、ドコモのメッセージFやメッセージリクエストのように、公式コンテンツ専用の「通常メールから分離したメッセージシステム」を用意していない。迷惑メールの増加と携帯電話のメディア価値の増大を鑑みれば、これはあまりに不調法だ。両社の早急な対応に期待したい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -