ニュース
» 2005年06月15日 23時58分 公開

NECと日本BEAシステムズ、携帯利用のユビキタスシステム分野で協業

[ITmedia]

 NECと日本BEAシステムズは6月15日、携帯電話やRFIDなどを活用したユビキタスシステム分野で協業すると発表した。

 携帯電話を活用したチケット・クーポン・会員証などのサービス提供を実現する、NECのモバイル電子チケット・会員証サービス基盤ソフト「LightHolder」を活用した開発を支援するため、両社は電子チケットを発行するWebアプリケーション用のテンプレートなどのシステム部品を共同開発し、本年7月から無償で提供する。

 またNECのRFID管理用ミドルウェア「RFID Manager」と、日本BEAのビジネスプロセス統合基盤「BEA WebLogic Integration」の連携に関する動作検証を行い、共同でマーケティング活動や販売推進活動を行っていくという。

 さらに障害発生時の自動復旧や障害解析情報の自動採取などを可能にするNECのミドルウェア「DiosaGlobe MCOne」と、日本BEAのアプリケーションサーバ「BEA WebLogic」製品群をパッケージ化した新製品「MCLogic」を共同開発し、同日より出荷を開始する。「MCLogic」の希望小売価格は50万円から。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -