ニュース
» 2005年07月26日 20時02分 公開

公衆無線LANサービス「WirelessGate」、成田空港でも

複数の公衆無線LANサービスを統合して利用可能な“WirelessGate”が成田空港でも利用可能に。7月31日まではキャンペーンも行われる。

[ITmedia]

 トリプレットゲートは7月26日、空港情報通信との業務提携により、同社が運営する公衆無線LAN接続サービス「WirelessGate」が、成田空港内をエリアとする「エアポートネット」で利用可能になったことを発表した。

 WirelessGateは、複数の公衆無線LANサービスを統合して利用できるようにしたサービス。現在、全国に2300カ所以上のサービスエリアで、ブロードバンド環境でのインターネット接続が可能だ。今回利用可能となった「エアポートネット」は、成田空港の第1・第2ターミナル内の出発/到着ロビーや搭乗ゲート、ラウンジなどを、サービスエリアとしてカバーしている。

 WirelessGateの利用には、月額210円の基本料金と、インターネット接続ごとに2時間315円、もしくは399円が必要。8月末まではエアポートネット利用キャンペーンとして、エアポートネットでの接続ごとの料金が無料となるサービスが提供される。なお7月31日までは、登録初月の月額基本料金が無料で利用できるキャンペーンも実施されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間