ニュース
» 2005年10月17日 20時56分 公開

BBモバイル、携帯+PCの認証システム「SyncLock」を提供

ソフトバンクグループの携帯電話事業会社、BBモバイルは、PC向け認証システム「SyncLock」を個人向けにASP提供する。携帯電話の個体番号を鍵にして、認証サーバで本人を特定する仕組み。

[吉岡綾乃,ITmedia]

 ソフトバンクグループの携帯電話事業会社、BBモバイルは10月17日、携帯電話とPCを連動させた認証セキュリティシステム「SyncLock」を用いたサービスを提供することを発表した。

 SyncLockは、携帯電話の個体識別番号を鍵にして、認証サーバーで本人の特定と接続条件の認証を行う。さらにデータの暗号化・複合化には、暗証番号・Q&A認証、バイオ認証など、複数の認証条件を組み合わせて使用するので、認証の強度を調節できる。

携帯電話の個体番号を鍵にして本人認証を行うほか、暗証番号やバイオ認証(指紋認証など)などを組み合わせて利用できる

 10月17日から、個人ユーザー向けに「SyncLock Personal」を提供する。認証サーバ機能をASPで提供することで、個人レベルでも簡単に導入できる。PCに専用ソフトをインストールしておくことで、特定のデータの暗号化・複合化を行う。6カ月契約で3300円、1年契約で5160円、2年契約で9360円。30日間はお試し期間として無料でサービスを利用できる。

 2006年4月からは、法人向けに「SyncLock Enterprise」を提供予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -