ニュース
» 2005年12月06日 18時57分 公開

ガス+携帯で離れて暮らす親を見守る――NTTテレコン

NTTテレコンは、LPガスの利用状況をメールで通知するシステムを提供する。遠隔地に暮らす家族の生活状況を見守るためのサービスだ。

[ITmedia]

 NTTテレコンは12月6日、ガス使用量を定期的にメール通知することによる見守りシステム「あんしんテレちゃん」サービスを、12月15日より提供することを発表した。離れて暮らす家族のガス利用状況を、携帯電話で確認できる。

 「見守られる側」の対象になるのは、全国300万世帯のLPガス(Liquefied Petroleum gas:液化石油ガス)ユーザー。ガスメーターを1日1回検針し、使用状況をサーバに送信する。センターではガス使用量を計算し、あらかじめ指定した送信先へ、ガス使用量をメールで通知する仕組み。ガスの利用料が10リットル以下の場合は「ガス不使用メール」を送付する。メールの送信先は3カ所まで設定できる。

 LPガスメーターと電話回線の間に設置する回線接続装置(NCU)が設置してある場合は、初期費用無料、月額利用料1680円で利用できる。NCUの設置が必要な場合は、初期費用が2万4150円、月額利用料が1470円。

あんしんテレちゃんのメール通知画面。左が通常の場合、右がガスを使っていない場合。ガス使用量は*の数で表示され、*1つは250リットルを示す

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -