ニュース
» 2006年02月13日 22時06分 公開

58%が「おサイフケータイは不安」――アイシェア調べ

おサイフケータイを持っている人のうち、不安と感じる人は57.5%。しかし対応携帯を持っていない人の38.5%は「おサイフケータイを使ってみたい」と感じている。

[ITmedia]

 アイシェアは2月10日、同社が提供するメール転送サービス「CLUB BBQ」の利用ユーザーを対象に行った、携帯電話に関する意識調査の結果を発表した。ソフトバンククリエイティブ「auスーパーガイドVol.10」と共同で行った意識調査で、有効回答数は718名。内訳は男性72%、女性28%となっている。

 回答者のうち、おサイフケータイ対応機種を所持していないと答えた64%中、38.5%が「おサイフケータイを使ってみたい」と回答。その一方で、おサイフケータイに不安があるかという問いに対しては、57.5%が「不安がある」と回答している。

 また機種選びで重視するものについては、26.3%が「デザイン」、24.3%が「価格」、20.1%が「新機能」と回答した。良く使う機能については、「メール」が45.2%で最多。次いで「カメラ」の24.2%、「アプリ」の10.9%と続いている。

 パワーアップして欲しい機能に関しては、12.7%が「テレビチューナー」、10.6%が「GPS」と回答しているものの、14.5%がパワーアップ「しなくて良い」とするなど、新機能を求める声と、現状で十分とする声に分かれる形となった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -