ニュース
» 2006年03月06日 15時41分 公開

楽天イーグルス、フルスタ宮城でEdyを導入

3月28日からフルスタ宮城の各所でEdyが利用可能に。チケットの購入にも利用できる。

[ITmedia]

 楽天野球団は3月6日、楽天KC、ビットワレットと協力し、楽天イーグルスの本拠地であるフルキャストスタジアム宮城(フルスタ宮城)に電子マネーEdyの決済システムを導入すると発表した。3月28日から提供開始する。

 フルスタ宮城内のオフィシャルショップや飲食店での決済、観戦チケットの購入や観戦時の飲食の支払いにも利用できる。球場内にEdyのチャージ機も設置する。

 Edy導入を記念し、4月2日までキャンペーンも実施する。期間中、フルスタ宮城において楽天イーグルスカードでのクレジット決済、あるいは各種Edyカード、おサイフケータイでEdy決済を行った先着1万名に、楽天イーグルスオリジナル缶バッジをプレゼントする。また対象客に抽選で、シートチケットやカラスコチケットホルダー、選手サイン入りグッズなども当たる。

 楽天KCは、球場でのクレジットカード利用範囲を拡大していく予定。Edyと合わせて、フルスタ宮城のキャッシュレス化を推進する。また3種類の楽天イーグルスオリジナルEdyカードもスタジアム内特設ブースで販売する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -