ニュース
» 2006年03月28日 23時34分 公開

携帯ショッピング経験があるiモードユーザーは6割以上

インフォプラントの調査によると、携帯で物を買った経験があるiモードユーザーは6割以上。購入経験・意向共に女性の方が多く、決済方法としては代引きが半数以上となっている。

[ITmedia]

 インフォプラントは3月28日、iモード公式サイト「とくするメニュー」を利用した定例リサーチとして行った、「モバイルオンラインショッピング」に関する調査結果を発表した。調査は全国のiモードユーザーを対象に、2月28日から3月7日まで実施されたもので、有効回答数は5346人。

 同調査によれば、iモードでのオンラインショッピング経験者は、全体の60.9パーセント。また今後の利用意向については、82.5パーセントが利用したいと考えていることが分かった。男女別では、購入経験、利用意向共に女性の方が多くなっている。

 実際に購入した商品は、男性では「CD・DVD・ビデオ」が39.6パーセントと最多で、「衣料品・ファッション」「書籍・雑誌」と続いた。女性で最も多かったのは58.8パーセントの「衣料品・ファッション」。以下「化粧品」「食料品・飲料」という回答が多い。男女/年代別では、男女ともに年齢層が高いほど「旅行・宿泊等のチケット」「食料品・飲料」の購入割合が多く、年代が低いほど「CD・DVD・ビデオ」が多かったという。

 利用した決済方法で最も多かったのは54.8パーセントの「着払い」で、「クレジットカード」が39.1パーセント、「コンビニ決済」が37.7パーセントと続いている。「コンビニ決済」「郵便振替」という回答は女性の方が多く、特に「コンビニ決済」は、年代が低い女性ほど利用者が多かった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -