ニュース
» 2006年09月05日 22時38分 公開

携帯で撮った写真をセンターに送信――「GeoPic」で防災訓練

防災の日に、日本コムシスは携帯を利用した現地災害情報収集システム「GeoPic」を使用した防災訓練演習を行った。

[ITmedia]

 日本コムシスは9月1日の防災の日に、現地災害情報収集システム「GeoPic」を使用した防災訓練演習を実施した。

 「GeoPic」は携帯電話で撮影した画像を、自動で情報センターに送信できるシステム。そのため災害発生時に社員や職員からの安否情報や災害状況の情報を収集したり、情報センターから適切な指示を与えることが可能だ。またGPS機能付き携帯電話から送信した従業員の現在地や被災地の画像を、情報センターの地理情報システムの地図上に表示することができる。

 今回の演習では、大規模地震が発生したと仮定し、日本コムシス本社内に災害対策本部を設置して訓練が行われた。各現場で作業している従業員が、GeoPicを使って被災地の状況を本部に送信。対策本部では送られてきた被災地の画像と地図上の位置をリアルタイムに把握し、復旧体制を迅速に確立する訓練が行われた。

 また、本社からの緊急帰宅訓練として、帰宅途中に大きな被災が予想される道路、ビルなどをGeoPicで撮影し、同様に対策本部に送って状況を知らせる訓練が行われた。そのほか、IP電話トータルソリューション「comsip」と連携させ、ボイスミーティング機能による被災現場と対策本部との音声電話会議も実施したという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -