ニュース
» 2006年10月30日 19時06分 公開

JAいずも、Edy連動のポイントシステムを導入

島根県のJAいずもは、Edy機能を搭載したポイントカードを発行する。Edyで支払うとポイントが2倍になるなどの特典も。

[ITmedia]

 島根県出雲市のいずも農業協同組合(JAいずも)は10月30日、ビットワレットが運営する電子マネー「Edy」を搭載した総合ポイントカード「JAいずも総合ポイントカード(愛称:おさいふカード)」を11月2日から導入すると発表した。

 カードにチャージしたEdyで買い物をするとともに、ポイントをためられるようになる。農協がEdyを導入するのはこれが初めて。

 JAいずもではこれまで、系列のスーパー「ラピタ」で利用できるポイントカード「ラピタカードポイント」を発行していた。おさいふカードは、ラピタ以外のJAいずも系施設でも利用できるようになる。第1弾として、ラピタを含むチェーン店舗12店舗と、葬祭センター1店舗、旅行センター1店舗、生花センター1店舗でEdy決済を導入する。なお、ラピタでおさいふカードを使い、Edy決済した場合には、ポイント付与率は通常の2倍となる。

 11月2日〜5日の間は、ラピタに設置されたEdyチャージャーを使っておさいふカードにEdyをチャージしたユーザーや、おさいふカードのEdyで5000円以上支払いをしたユーザーを対象にキャンペーンを行う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -