ニュース
» 2007年03月05日 23時55分 公開

ドコモ、3キャリア対応のマーケティングツールを提供

NTTドコモが、小売・サービス業向けのケータイマーケティングツール「モバイルアベニュー」を発表した。3キャリア対応で、4月1日から販売する。

[ITmedia]

 NTTドコモは4月1日より、3キャリア対応のケータイマーケティングASPサービス「モバイルアベニュー」の提供を開始する。

 モバイルアベニューは、小売・サービス業など顧客サービスを提供する企業や、自治体を対象に、ケータイマーケティングツールの提供やシステムの運用、効果測定までをワンストップで行うサービス。ドコモがケータイマーケティングに必要なプラットフォームを構築し、ASP形式でトータルコーディネイトするため導入期間を短縮できるほか、初期費用・運用コストの削減が図れるという。

 同サービスでは、会員情報の管理やオリジナル携帯サイトの作成や属性に合わせた会員向けメール配信、アンケートの実施、クーポン・懸賞などの販促情報の配信や抽選、当選者への連絡などが行える。また、オプションとして、イベント時のチケット発行やポイントサービスの運用、おサイフケータイ・QRコードを使った会員証の管理といった機能を順次用意する予定だ。

 料金プランは、回線やサーバなどの設備を複数のユーザー共用する「シェアリングプラン」、シェアリングプランからのバージョンアップでき、ポイントサービスなどのオプションメニューが利用可能な「ハイブリッドプラン」、回線・サーバ環境など、すべてのシステム環境を提供する「プライベートプラン」を用意する。

 価格はシェアリングプランが初期費用31万5000円から、月額運用費用が37万8000円から。ハイブリッドプラン、プライベートプランは個別見積りとなる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間