ニュース
» 2018年11月22日 15時08分 公開

今後も増加見込み:「プルーム・テック」、3人に1人が複数持ち 「限定デザインなどが好評」

加熱式たばこ「Ploom TECH(プルーム・テック)」は複数持ちが便利? 同製品を販売する日本たばこ産業(JT)によると、プルーム・テック利用者のうち同製品を2台以上複数持ちしている人の割合が、他社の加熱式たばこを複数持ちしている人の割合より高いことが分かった。

[ITmedia]

 加熱式たばこ「Ploom TECH(プルーム・テック)」は複数持ちが便利? 同製品を販売する日本たばこ産業(JT)によると、プルーム・テック利用者のうち同製品を2台以上複数持ちしている人は約35%と、他社の加熱式たばこを複数持ちしている人(約24%)の割合より高いという。

photo 華やかなデザインバッテリー(=プレスリリースより)
photo デバイス複数台保有者比率(=プレスリリースより)

 JTは理由について「7月に発売した限定デザインのバッテリーが好評だったことなどが、デバイス複数持ちユーザー増加につながったのではないか」とコメントしている。

 また、11月からスターターキット購入者にもう1つをプレゼントするキャンペーンを展開していることや、12月から白色のデバイスを展開する予定などから、複数持ちユーザーが今後も増えることを見込んでいるという。

photo “1つ買うともう1つもらえる”キャンペーン(=プレスリリースより)
photo 12月から発売される白色デバイス(=プレスリリースより)

 ユーザーにプルーム・テックを複数持ちする理由を聞いたところ「充電が切れた際の予備として所有したい」(37%)、「故障した際の予備として所有した」(30%)、「自宅用と職場用などで使い分けたい」(25%)――などが挙がった。

 調査は8月2〜15日にかけて、20〜69歳のプルーム・テック利用者3000人を対象にインターネット上で実施した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間