ニュース
» 2019年02月26日 15時01分 公開

日本レコード協会調べ:初の売り上げ逆転 音楽ストリーミングがダウンロード抜く 18年

日本レコード協会が発表した2018年の音楽配信売り上げで、ストリーミングがダウンロードを初めて上回った。売上高は約348億円だった。

[ITmedia]
音楽売り上げでストリーミングがダウンロードを抜いた 音楽売り上げでストリーミングがダウンロードを抜いた

 音楽売り上げでストリーミングがダウンロードを初めて追い越す――。

 日本レコード協会が発表した2018年の音楽配信売り上げは対前年比113%の約644億6600万円で、5年連続プラス成長となった。ストリーミングの売上高は同133%の348億6600万円で、初めてダウンロードの売上高(256億3900万円、同95%)を上回った。

2018年の音楽配信売り上げ金額区分別シェア 2018年の音楽配信売り上げ金額区分別シェア

 ストリーミングの内訳は、「サブスクリプション」の音楽が310億3100万円(130%)、音楽ビデオが5億3100万円(91%)。「広告収入」の音楽が3億3600万円(388%)、音楽ビデオが29億6800万円(162%)だった。

 ダウンロードについては、シングルトラックが160億1400万円(97%)、アルバムが93億6800万円(92%)、音楽ビデオが2億5700万円(82%)となった。

音楽配信売り上げ実績(過去10年間) 音楽配信売り上げ実績(過去10年間)

 音楽配信市場は13年を底に、再び右肩上がりで成長を続けている。18年は7年ぶりに売上高600億円を突破した。

 なお、18年の音楽ソフトの生産金額は2403億3700万円(104%)で、うちオーディオレコード(CD、アナログディスク、カセットテープ)は1576億1100万円(91%)、音楽ビデオは827億2600万円(142%)だった。これに音楽配信を加えた音楽市場全体では約3048億円となり、3年ぶりに前年増となった。

音楽ソフト生産実績および音楽配信売り上げ実績合計(過去10年間) 音楽ソフト生産実績および音楽配信売り上げ実績合計(過去10年間)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ