ニュース
» 2019年06月28日 14時50分 公開

東京は何位?:世界で最も物価の高い都市は? マーサー調査

マーサーが行った世界生計費調査の2019年版によると、駐在員にとっての物価の高い都市トップ10のうち、8つがアジアの都市。東京は2位だった。

[ITmedia]

 組織・人事コンサルティング会社のマーサーは、世界生計費調査の2019年版を発表した。それによると、駐在員にとっての物価の高い都市トップ10のうち、8つがアジアの都市となった。

 最も物価の高い都市は、2年連続で香港となった。住宅市場が上昇しており、一方で通貨の為替レートが米ドルに対して固定されている影響で、生活費が上昇した。2位は東京で、香港ほどではないがニューヨーク並に住宅費が高かった。

 「ビジネスを行う上で、生計費はその都市の魅力のひとつとなる重要な要素。グローバル化によって、これからの都市は人と投資の両方を呼び込めるよう情報を提供し、革新を行い、ニーズを満たしていくような競争力が必要になっている」(マーサー)

駐在員向け住宅(2寝室)のコスト比較(単位ドル。マーサー調査)
映画のコスト比較(単位ドル。マーサー調査)
ビッグマックのコスト比較(単位ドル。マーサー調査)
ガソリンのコスト比較(単位ドル。マーサー調査)

 この調査は、多国籍企業や政府機関が海外駐在員の報酬や手当を設計する際に利用されている。世界500都市以上で、住居費や食料、衣料など200品目以上の価格を調査したもの。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間