ニュース
» 2019年12月09日 14時45分 公開

きっかけはシェアオフィス:特殊技術の「溶けにくい果汁氷」を入れたビアカクテル提案 アサヒビール、大日本印刷が協業 (1/2)

アサヒビール、大日本印刷、FULLLIFEの3社は、新開発の溶けにくい果汁氷を入れたビアカクテルを飲食店に展開する。若年層に向けてビールの新しい飲み方を提案。シェアオフィスでの出会いをきっかけに協業に至った。2020年6月までに200店舗への導入を目指す。

[加納由希絵,ITmedia]

 アサヒビール、大日本印刷、FULLLIFEの3社は12月9日、新開発の溶けにくい果汁氷を入れたビアカクテル「BEER DROPS」を飲食店に展開すると発表した。20〜30代女性を主なターゲットに、若年層に向けたビールの新しい需要創造を図る。アサヒビールの取り扱い飲食店にメニュー提案し、2020年6月までに200店舗への導入を目指す。

溶けにくい果汁氷を入れたビアカクテル「BEER DROPS」を開発

普通の果汁氷より6倍長持ち

 BEER DROPSは、FULLLIFEが独自の特許技術などを活用して製造する溶けにくい果汁氷「アイスボーール」(商標申請中)をビールに入れたカクテル。溶けにくい氷によってビールの冷たさが継続するとともに、フルーツの味わいや色がビールの中で少しずつ広がっていく新感覚のお酒だという。

 アイスボーールには、化学添加物を使用していない天然物のイチゴポリフェノールを配合。それによって氷の保形性を高めている。果汁を凍らせただけの氷と比べて、約6倍の時間、溶け切らずに球状を保ち続けるという。ビールに混ぜてビアカクテルにするだけでなく、そのままデザートとしても食べられる。

 19年8月以降、アサヒグループの外食事業を担うアサヒフードクリエイト直営の2店舗と、都内の飲食店2店舗でBEER DROPSのテスト販売を始めた。現在は、スイカ、ピーチ、パインの氷を入れた「BEER DROPS RED」と、キウイ、レモン、パインの氷を入れた「BEER DROPS GREEN」、さらに期間限定のフレーバーを展開している。

 テスト販売では、導入後にカクテルの売り上げが2割増加した店舗もあった。特に若い女性客から「見た目のかわいらしさや、ゆっくりと飲む楽しみ方が好評」(広報担当者)だという。

BEER DROPSのテスト販売を実施している
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間