3分Biz.
ニュース
» 2019年12月12日 15時04分 公開

「令和」の1年だった:2019年、今年の漢字は「令」 2位以下も新元号関連が上位に

日本漢字能力検定協会は12月12日、今年1年の世相を表す漢字が「令」に決まったと発表した。

[ITmedia]

 日本漢字能力検定協会は12月12日、今年1年の世相を表す漢字が「令」に決まったと発表した。全国から21万6325票の応募があり、「令」が3万427票(14.1%)を集めた。「新」「和」も上位に入っており、新元号「令和」が最も強く印象に残った人が多かったようだ。

今年の漢字は「令」

 「令」を選んだ理由については、「新元号に新時代の希望を託した」という明るいものが多かった。また、新元号が日本最古の歌集「万葉集」からの出典であることが、伝統文化を再認識するきっかけになった。一方、法令改正による消費増税、芸能界の不祥事など法令順守に対する意識の高まり、災害による警報発令、避難命令もあったことなど、元号と関係ない理由や社会問題と絡めた理由も挙がった。

「令」を選んだ理由(出典:プレスリリース)

 2位は「新」で、1万4850票(6.9%)を獲得した。新元号、新しい時代といった理由のほか、キャッシュレス決済といった新しい支払い方法など、さまざまな分野で新制度が導入されたことも理由として挙がった。

 3位は「和」。1万281票(4.8%)を集めた。新元号の1文字であるだけでなく、ラグビー日本代表の活躍で話題になった「ONE TEAM」など、つながりや調和を連想させる漢字として選ぶ人が多かった。

 一方、4位は「変」で7749票(3.6%)、5位は「災」で7302票(3.4%)。時代の変化や天変地異を目の当たりにしたり、自然災害、交通事故や不祥事(人災)の強い印象が残ったりした1年だという意見が挙がった。

 近年の「今年の漢字」は、18年が「災」、17年が「北」、16年は「金」が選ばれていた。

「今年の漢字」2019年のトップ10(出典:プレスリリース)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間