ニュース
» 2020年07月17日 13時50分 公開

リサーチ会社調査:約8割の人「お盆は帰省しない」――調査で判明 (1/2)

新型コロナの第二波が懸念される。「お盆は帰省しない」人は約8割に。リサーチ会社が調査。

[ITmedia]

 「GoToキャンペーン」が方針転換を迫られるなど、東京をはじめ新型コロナウイルスの第2波への懸念が広がっている。リサーチ会社のクロス・マーケティング(東京都新宿区)が調査したところ、約8割の人が「お盆に帰省する予定は無い」と回答した。

photo 今夏のお盆は帰省しますか?(写真はイメージ、提供:ゲッティイメージズ)

帰省予定者の約半数「同じ都道府県内へ」

 感染食い止めと、観光・交通などの産業復活の間で揺れる今夏。多くの人は長距離の移動を控える傾向にあるようだ。

 調査は同社が7月14日、全国47都道府県の20〜69歳の男女1100人にネット上で実施した。

 まず今年のお盆の予定について聞いたところ、78.2%が「帰省する予定は無い」と回答した。宿泊もしくは日帰りの、移動を伴う帰省の予定がある人は20.1%となった。

photo 今年のお盆の帰省予定と、帰省するの人の自宅と帰省先の距離(クロス・マーケティング調査)

 上記の帰省予定がある人に「自宅と帰省先との距離」についても聞いたところ、約半数が「同じ都道府県内」と回答。やはり長距離の移動が伴う帰省は控える傾向が垣間見えた。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -