ニュース
» 2021年05月06日 13時18分 公開

沖縄の「焼き芋自販機」 人通り多くない場所で月250缶も売れるヒミツじんわり人気(1/2 ページ)

沖縄県にある「焼き芋自販機」が人気だ。全国で25台を設置し、1カ月で5000缶を販売しているという。

[沖縄タイムス+プラス]
沖縄タイムス

 障がいのある人たちが作った焼き芋が買える自動販売機が人気だ。沖縄県南城市の神谷産業玉城支店にある自販機は、1カ月に250缶を売り上げる。宮崎県の不動産会社が障がい者支援として開発し、全国に25台ある。沖縄県内では神谷産業が南城市と那覇市大道の給油所に2台を設置。2年以内に20台まで増やす計画で、県内に焼き芋の製造工場を設け、障がい者の就労につなげたい考え。神谷善高代表は「県産イモで沖縄の福祉に貢献したい」と意気込む。

自動販売機で購入した焼き芋。手に温かさが伝わってくる

全国に25台設置

 開発したのは、宮崎県で不動産業を営む和光産業の児玉雄二社長。児玉社長は自身の畑で障がい者と野菜を栽培していたが、収穫した量を売り切れないなど、利益の確保に悩んでいた。体調によって仕事ができない障がい者もいて、計画通り生産できないもどかしさもあった。

焼き芋の自販機で障がい者の就労支援を目指す神谷善高代表=南城市の神谷産業玉城支店

 そこで目をつけたのが自販機。休みなく毎日24時間稼働する自販機は販売コストを抑えられる上、真空パックの焼き芋は長期保存できるため、日々の生産量にむらがあってもストックできる。

 2019年、宮崎県内に設置すると売れ行きは好調で、現在は全国25台に拡大。1カ月で5千缶を販売している。宮崎県内の福祉施設3カ所と協力し、障がい者が焼き芋を生産、加工している。

袋の中には3個の焼き芋が入っていた
       1|2 次のページへ

Copyright © The Okinawa Times All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -