3分Biz.
ニュース
» 2021年05月10日 15時59分 公開

『ドラゴンボール』公式サイト、「悟空の日」に“全地球人対応版”に進化 狙いは?新作映画が22年に公開(1/2 ページ)

集英社は漫画『Dragon ball(ドラゴンボール)』の最新情報を発信している「DRAGON BALL OFFICIAL SITE」を、5月9日の「悟空の日」に合わせて多言語対応した。

[ITmedia]

 集英社は漫画『Dragon ball(ドラゴンボール)』の最新情報を発信している「DRAGON BALL OFFICIAL SITE」を、5月9日の「悟空の日」に合わせて多言語対応した。同社はこれを「全地球人対応版に進化」と表現している。世界中のドラゴンボールニュースを本サイトに集約することで、同作の海外市場を広げることが狙いだ。

「DRAGON BALL OFFICIAL SITE」が、5月9日の「悟空の日」に合わせて多言語対応(以下リリースより)

 本サイトは世界中のドラゴンボールファンに最新情報を発信できるよう、日本語、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語に対応した。これまで以上に膨大な最新情報や作品を知ることができる記事や動画を配信していくという。

ゲーム、カード、フィギュアなど、世界中で販売されている数百以上のドラゴンボールグッズなどの最新ニュースを本サイトに集結

 毎週月曜日に最新情報を紹介する「Weekly Dragon ball News」や、全世界で4000万ユーザーを突破したゲームアプリ「ドラゴンボール レジェンズ」の最新キャラクター攻略情報を伝える「レジェンズ攻略室」などの企画動画を配信予定だ。さらに格闘ゲーム「ドラゴンボールファイターズ」のプロゲーマーが弟子に闘い方を指南する「ドラゴンボールファイターズ道場」の配信も決定した。

集英社運営の作品公式サイトとしては初の試みである日本語、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語の5言語に対応
ドラゴンボールの企画動画も配信
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

続きを読むには、コメントの利用規約に同意し「アイティメディアID」および「ITmedia ビジネスオンライン通信」の登録が必要です

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -