2015年7月27日以前の記事
検索
ニュース

フマキラーが新型コロナを巡る一部報道に対する“強い憤り”を発表 「3商品でコロナウイルス科の不活化に効果あり」と反論3商品で実験済み

フマキラーが、キッチン用エタノールを巡る一部報道に真っ向から反論している。既に3商品でウイルスの不活化実験をしており、新型コロナウイルスと同じ構造を持つウイルスに対して効果を確認済みとのこと。事前取材をせず、一部専門家の見解のみで「キッチン用エタノールはコロナウイルスへの効果が科学的に証明されていない」と結論付けたことにも疑問を呈している。

Share
Tweet
LINE
Hatena
-

 フマキラーがこのほど、新型コロナウイルスを巡る一部報道に対する「見解」を発表し、話題を呼んでいる。3月9日に「『キッチン用エタノール』報道に対する当社見解」と題するメッセージを発表。一部報道で「キッチン用エタノールはアルコール濃度が50%前後のものが多く、コロナウイルスへの効果が科学的に証明されていない」といった表現がなされていることに言及した。


3月9日付で一部報道への“反論”を発表したフマキラー(出所:フマキラー公式Webサイト)

 フマキラーではいくつかの除菌用商品を販売している。そのうち「フマキラー キッチン用アルコール除菌スプレー」「アルコール除菌プレミアム ウイルシャット」「ウイルシャット ノンアルコール除菌プレミアム」の3点で、新型コロナウイルスと同じ構造を持つ「ネコ腸コロナウイルス」へのウイルス不活化試験を実施。試験の結果、ウイルスを99.9%以上除去する効果を確認したと発表している。試験は外部機関(北里環境科学センター)で実施した。


実験を行った3商品(出所:フマキラー発行のプレスリリース)

 フマキラーの担当者によると、ウイルスの感染力を失わせる「不活化」にはアルコールだけでなく、グレープフルーツ種子由来の成分なども有効だという。にもかかわらず、アルコールだけにフォーカスして、キッチン用エタノールがコロナウイルスに対して効果がないような印象を与える報道があることを問題視した形。

 また、一連の報道では、キッチン用エタノールを製造するフマキラーへの事前取材を行わず、一部有識者の見解から全てのキッチン用エタノールに効果がないような表現したことについても問題視している。

 報道を受け、フマキラーへ多数のクレームが届いていることから「強い憤り」「誠に遺憾」「一方的な情報を発信したことの責任は極めて重大であると考えており、決して見過ごすことはできません」という、非常に強いトーンでの発表となった。フマキラーは「上記の試験データの提供を含め、当社はいつでも取材に応じる用意があり、ウイルス対策の有益な情報・手段として、広く社会にお役立て頂きたい」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る