2015年7月27日以前の記事
検索
調査リポート

今後取り入れたい働き方は「週休3日制」が最多 コロナ禍が仕事観に与えた影響は?人生観にも変化が(1/2 ページ)

人事・人財サービスを展開するアデコ(東京都千代田区)は、コロナ禍が人生や仕事観にどのような影響を与えているかの調査を行った。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
-

 人事・人材サービスを展開するアデコ(東京都千代田区)は、コロナ禍が人生や仕事観にどのような影響を与えているかの調査を行った。コロナ禍の前と後で、仕事や働くことについての考え方は変わったか聞いたところ、29.3%が「変わった」と回答した。

コロナ禍
コロナ禍で仕事観に変化が(画像提供:ゲッティイメージズ)

 男女比を見ると、女性は34.6%が「変わった」と回答したのに対し、男性で「変わった」と回答したのは27.7%だった。

 年代別では、20〜30代は38.7%が「変わった」と回答。一方40〜50代で「変わった」との回答は26.4%にとどまり、10ポイント以上の差が見られた。仕事観は、男性よりも女性が、ミドル世代よりも若い世代が、コロナ禍の影響をより強く受けているようだ。

働き方
コロナ禍の前と後で仕事についての考え方は変わったか(アデコ調べ)

 考え方が変わったと回答した人に、具体的にどんな考え方が変わったのか尋ねた。その結果、最も多かったのは「働き方(時間・場所など)」(64.5%)、次いで「仕事へのモチベーション」(53.0%)、「仕事の進め方」(45.7%)だった。

変化
具体的にどんなことについての考え方が変わったか(アデコ調べ)
       | 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る