2015年7月27日以前の記事
検索
ニュース

デジタル庁、報道機関向けのメール誤送信 アドレス400件をBCCではなくCCに記載

デジタル庁は報道機関向けのメールを誤送信したことでアドレス400件が外部に流出したと発表した。BCC欄に記載するべきアドレスを、CC欄に記載していたのが原因。同庁は「今後は厳重に注意し、再発防止に努める」とコメントしている。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
-

 デジタル庁は11月24日、報道機関向けのメールを誤送信したことでアドレス400件が外部に流出したと発表した。BCC欄に記載するべきアドレスを、CC欄に記載していたのが原因。同庁は「今後は厳重に注意し、再発防止に努める」とコメントしている。

photo
牧島かれんデジタル相(右、出典:デジタル庁公式Webサイト)

 誤送信は同日午後2時40分ごろに発生。牧島かれんデジタル相が、デンマークとデジタル分野における協力覚書を締結したとするプレスリリースの送信時に、アドレスをCC欄に誤って記載した。このため、報道各社の担当者約400人分のアドレスが、同庁のメーリングリストの登録者には閲覧できるようになっていた。

 デジタル庁は約4時間後の午後6時56分ごろに同内容のメールを再送するとともに、誤送信したメールを破棄するよう報道各社に求めた。

photo
デジタル庁が報道各社に送ったメール

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る