連載
» 2005年11月30日 23時31分 公開

Barcode――バーコードの動的生成

フォント周りの問題で帳票のシステムだけWindowsベース、といった話は珍しくない。バーコードシステムも同様の問題を抱えているが、それを解決し得るソフトウェアも存在する。

[中津川篤司,ITmedia]

 Accessをはじめ、WindowsベースのシステムからWebベースのシステムへ切り替えたいという話は多い。特に厄介なのが、固定フォントを使ったシステムだ。

 Windowsベースで構築するのであればそれほど問題にならないかもしれないが、Linuxにせざるを得ない場合は悩むことになる。その結果、帳票のシステムだけWindowsサーバになってしまうこともある。バーコードシステムもそんな厄介なものの一つだ。

 ここで紹介するオープンソース・ソフトウェアはBarcode、PHPベースのバーコード生成ソフトウェアだ。

Barcode

Linux用のバーコードフォントを探してみると、有償のものばかりだった。そんな中、見つけたのがBarcodeだ。画像で出力するのであればフォントの指定も必要なく、PDFへの組み込みも容易に行える。

 上記ページのサンプルを触ってみれば分かるが、幅や高さ、バーコードの種類を指定し、後は英数字を入力するだけで手軽にバーコードが生成できる。PHPベースであるため、動的に生成するのも容易に実現できる。

 バーコードのシステムは非常に便利なだけに、既に構築済みのシステムでもこのソフトウェアを検討する価値がある。WebベースのシステムであればBarcode、Windowsベースであればバーコードフォントがお勧めだ。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

content on this article is licensed under a Creative Commons License.

注目のテーマ